ジャーマン・シンフォといえば

やっぱりノヴァーリスでしょうか。

f:id:furuhon-ya:20200120215011j:image

 

たまには趣向を変えて^_^

 

昔、シンフォ系にハマっていた時期がありまして、色々聴いてましたねー。

 

で、ジャケットとともに気に入ってたのが、ノヴァーリスでした。

 

久しぶりに聴いてみようと、棚を調べたら、偶々この「Brandung」が目につきました。イギリスの挿絵画家ウォルター・クレインによるジャケットが美しい、彼らにとっての5作目。

 

キーボード、そしてオルガンにフルートが、シンフォニックな曲を盛り立てます。キャッチ―で気持ちのいいヴォーカルもいいですね。

www.youtube.com

 

ハイライトは、所謂B面いっぱいのファンタジックな大作のこちら。

www.youtube.com

 

ドイツのキャメルって感じでしょうか(^^)