ジョン・ウェットンが参加した意外なグループといえば

彼がエイジア結成直前に参加したこちら! しかし、ウェットンのヴォーカルを期待して買ってはいけません(笑)。 彼が参加した時点で、曲のほとんどは、A・パウエルなど他のメンバーによって出来ていたそうで、彼が作った曲は1曲のみ。採用されなかった曲は…

ランニング・マン 極上のジャズロック

英国ジャズ界の重鎮ギタリスト、レイ・ラッセルが結成したバンド。最近たまたま入手したので、聴いてみましたが、これがまた極上のジャズロックでした! サックスがカッコいい曲から、ピアノが美しい叙情的な曲まで、彼のギターを楽しめます。派手ではありま…

プログレ・女性ヴォーカルといえば

誰を思い浮かべますかねぇ… 個人的には、ルネサンスのアニー・ハズラム、カーヴド・エアのソーニャ・クリスティーナと、アフィニティのリンダ・ホイルがプログレ三大女性ヴォーカリストなんですが(笑)。ルネサンスとカーヴド・エアはすでに取り上げたんで…

クォーターマスといえば

ギターのいないディープ・パープルがプログレやりましたって感じですよね(笑)。 この曲はリッチーがパープルやめる原因になった有名な曲で、レインボーでカバーしてますよね! www.youtube.com 最近また新たなバージョン(2019年ver.)が。 www.youtube.co…

敬愛するバンド!

50年以上に渡って活動してきたナザレス! 強烈なしわがれ声で絶叫するスタイルのスコッティッシュ・ハードロックバンドですが、なぜかアメリカ志向。代表作は「ラウド・アンド・プラウド」、「ラザマナス」あたりですが、それ以外にもかなりアルバムを出して…

ヴァイオリンとロックといえば

前回ので思いつきましたが(笑)、真っ先に思い浮かぶのは… 名手ダリル・ウェイ率いるカーヴド・エアのファーストですね。円盤状の変形ジャケ。 ヴァイオリンとギター、そしてオルガンのアンサンブルが素晴らしい! www.youtube.com www.youtube.com 極めつ…

イースト・オブ・エデン 世界の投影

こちらを聴きました! ちょっと東洋趣味風な怪しい雰囲気も垣間みえますが、ブルージーなロックにヴァイオリンやサックスが重なっていくところはカッコいですね。 www.youtube.com フルートとバイオリンのユニゾンのリフがカッコいい! www.youtube.com ジャ…

マイナーだけど、王道ハードロック

アトミック・ルースター人脈です。ドラムのリック・パーネルが参加していたカルト・サイケバンドっていうくらいしか、知らないんですが…(^^;; ホースの唯一のアルバム。前から気になっていたのを、たまたま先日入手して聴いてみました! 一聴して、かなり好…

サックスが効いたハードなジャズロックといえば

RAW MATERIALのセカンドアルバムを聴いてみました!オルガン、ピアノに加えて、ジャジーなサックスとトラッド風なアクセントが効いてる好アルバム。 サックスとギター、オルガンのリフが重なるハードロック!間奏部のオルガンソロにサックス、そしてギターが…

発禁ジャケといえば

個人的にはやっぱりスコーピオンズのこれですが 今の時代、これ、アウトですよね(笑)。 やはり発禁になったこちらを聴いてみました! B級バンドの雄(笑)、Boxerの「Below the Belt」です。ボクサーはマイク・パトゥ(Vo)とオリー・ハリソール(g)とい…

侍 SAMURAI

侍ジャパンとか、最近はよく耳にするようになりましたね。 サムライといって、真っ先に思いつくのはこちらですね(笑)! ミッキー・カーティス&サムライの侍です。1970年にイギリス、ドイツで先行して出たこちらは、ジャパニーズテイストを散りばめたプロ…

日本のピンク・フロイドといえば

こちらですよねー(^-^) 表現が古いですが(笑)、盤面が擦り切れるほど聴きまくったアルバムですね。 ともかく、和製プログレとしてはやっぱり大本命ですね^_^ www.youtube.com www.youtube.com 独特な歌詞の世界観が印象的で、頭から離れないんですよねー(…

ブッダ・ミート・ロック

今回は、水谷さんが参加したピープルのセレモニー!ブッダ・ミート・ロック!! www.youtube.com お経のコーラスをバックに水谷さんのギターのカッコよさときたら!! www.youtube.com ロックとお経のコンビですが、抹香臭さは全くなくて、なんていうんだろ…

日本のフランク・ザッパ!

今日はこちらを聴いてみました! 「Love Live Life + One」や柳田ヒロさんのソロアルバムなどに参加した“日本のフランク・ザッパ”こと水谷公生さんの唯一のソロアルバムです(71年)。 水谷さんのサイケでノイジーなギターが聴けるこの2曲は必聴でしょう! w…

日本のブライアン・オーガー!

柳田ヒロさんが日本のキース・エマーソンなら、ミッキー吉野さんは日本のブライアン・オーガーかな、と(^^) ちょっと前に、ミッキー吉野さんのオールタイム・ベストが出るというニュースがありましたので、この幻のソロアルバムを聴いてみました! ME AND’70…

プログレッシブなミッキー吉野!

ゴールデン・カップスの最後のスタジオアルバムは完全にニューロックなアルバムです! このアルバムはミッキー吉野さんがほとんどの曲のアレンジをしてて、彼の作曲によるプログレッシブなキーボードが聴けます!この2曲は必聴でしょう!! www.youtube.com …

日本が誇るジャズロックの名盤といえば

柳田ヒロさん、水谷公生さんときたら、これをとりあげなきゃなりませんねー(^^) ニューロック、ジャズを代表するミュージシャンが集まって、そこにあの布施明さんを迎えて作られた歴史的セッション!! このシャウト!ほんとに布施さん??って思っちゃうく…

日本のキース・エマーソン

先日のエイプリルフールに続いて、日本のキース・エマーソンこと柳田ヒロさんのソロアルバム。 2ndの『七才の老人天国』。 ソロの1stよりも2ndの方がよりプログレっぽい感じがして、好きですねぇ。 1曲目の出だしが、まるでタルカスを聴いてるかのような感じ…

メタルの元祖⑤ ジャパメタの元祖といえば

日本のニューロック・ネタが止まらない(笑)。 今回はジャパメタの元祖。 といえば、やはりこれでしょ! ブルース・クリエイションの2ndアルバム『悪魔と11人の子供達』(1971年発表)。 ヴォーカルがちょっと苦しいですが(英語のベタな日本語風発音が…)…

日本のニューロックを支えたキーボード奏者といえば

柳田ヒロさんじゃないですかねー(^^) 柳田ヒロさんはフローラルで音楽活動をスタートさせますが、そこに細野晴臣さんらが加わって、エイプリル・フールを結成!それを機に、オルガンを中心にしたアートロック、ブルースロックやプログレッシブなロックを展開…

ジャップロックサンプラー

先日たまたまこちらの本を入手しました! 表紙は、あのフラワー・トラベリン・バンド!!篠山紀信さん撮影の、他の追随を許さない最高なジャケ!!! 「戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか」っていうのがサブタイトルで、ちょっとした…

日本プログレの名盤 フード・ブレイン 晩餐

ストロベリー・パス、フライド・エッグときたら、やっぱりフード・ブレインも、となります^_^ 日本プログレの金字塔ですね!ギターに陳信輝さん、ベースが加部正義さん、ドラムが角田ヒロさん、キーボード柳田ヒロさんという豪華すぎるラインナップ!全曲イ…

日本プログレの名盤 フライド・エッグ

前回のストロベリー・パスの続編です。 フライド・エッグは成毛さんのキーボードを全面に出した、よりプログレ度を増したアルバムになってます!そういう意味では私も家宝にしてる一枚です(笑)。 EL&Pのタルカス(樽カス)に対抗した、オケカス(桶カス)…

日本ロック黎明期の牽引者 ストロベリー・パス

成毛滋さんという伝説的なギタリストが角田ひろさんと組んだバンド、ストロベリー・パスのアルバム「大烏が地球にやってきた日」。柳ジョージさんも1曲歌ってます。 左手でギター、右手でキーボード、足でキーボードのフットペダルを使ってベースラインを弾…

ツイン・リードギターの名曲といえば

誰もが一度はハマるツインリードギター!(笑) といって、真っ先に思い浮かべるのは誰でしょう?? ま、最近のメタルとかは分かりませんが(^^) 原点はこれでしょう! www.youtube.com 名曲ですよねー。後のいわゆる様式美スタイルのツインリードの先駆者で…

プログレの元祖といえば

台風で家から出れないので、懐かしいのを引っ張りだして聴いてみました! アイアン・バタフライの1stと2ndです。今聴いてみると、バロック風なオルガンにヘヴィなギターの組み合わせは、まさにサイケからプログレへの過渡期って感じですね。 www.youtube.com…

ハード・スタッフ 極上のハードロック!

当初の予定では、このブログではマニアックなプログレを取り上げていくつもりだったんですが、何故かハード・ロックを取り上げる方が多いですね(笑)。プログレよりもハードロックを取り上げた方がアクセス数が増えるというのもある(笑)。ま、嫌いじゃな…

追悼 ジンジャー・ベイカー

というわけで、こちらを聴いてみました。彼が元スリーマンアーミーのガーヴィッツ兄弟と組んだバンド。クリームの再来といわれたトリオです! 1stも好きですが、3rdもなかなか良いですよねー。 とりわけ、ベイカー作曲のこちらはカッコいい! www.youtube.co…

メロトロンの名曲② ムゼオ・ローゼンバッハ ツァラトゥストラ組曲

あのニーチェの『ツァラトゥストラ』をモチーフにしたコンセプトアルバム。永遠回帰、超人、ニヒリズムといった、ニーチェの思想をヘヴィシンフォにした、見事な構成力に圧倒されるアルバム! イントロからメロトロンがこれでもかと用いられ、同時に、ヘヴィ…

メタルの元祖④ バッジー 友情

バッジーのアルバムで一番よく聴いたのは、やはりこれかなー。 代表作ですよね。必殺のBreadfanはあまりにも有名ですが www.youtube.com それ以外にも好きな曲が並びます。 この曲なんか間奏部から後半への展開がカッコいい! www.youtube.com サバスもそう…