発禁ジャケといえば

個人的にはやっぱりスコーピオンズこれですが

 

今の時代、これ、アウトですよね(笑)。

 

やはり発禁になったこちらを聴いてみました!

f:id:furuhon-ya:20191113081529j:image

B級バンドの雄(笑)、Boxerの「Below the Belt」です。ボクサーはマイク・パトゥ(Vo)とオリー・ハリソール(g)という最強のタッグに、キース・エリス(b)、トニー・ニューマン(dr)という凄いメンツによって結成されたバンドです。

f:id:furuhon-ya:20191113081744j:image

 

音としては私の好きなブリティッシュなロックです。ちょっとひねくれててますが、シンプルで直球勝負な感じがいい!

www.youtube.com

怪しい曲名ですが、オルガンの効いた曲ももちろんあります!

www.youtube.com4

これもカッコいいなぁ。パトゥのソウルフルなシャウトがたまらない!

www.youtube.com

侍 SAMURAI

侍ジャパンとか、最近はよく耳にするようになりましたね。

 

サムライといって、真っ先に思いつくのはこちらですね(笑)!

f:id:furuhon-ya:20191111081826j:image

ミッキー・カーティス&サムライの侍です。1970年にイギリス、ドイツで先行して出たこちらは、ジャパニーズテイストを散りばめたプログレッシブなロックで、海外で高く評価されたアルバムですよね。のちにフリーに加入する山内テツさんが参加していることでも有名。

 

ヘヴィなギターとともに、ファンキーなオルガンロック!

www.youtube.com

 

プログレとしては、こちらの2曲は必聴!複雑な展開もある中、ギター、オルガンが弾き倒し、ドラムも暴れてる感じがカッコいい!

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ミッキー・カーティスさんは内田裕也さんとともに、ジャパニーズロックの巨匠ですよね!

日本のピンク・フロイドといえば

こちらですよねー(^-^)

f:id:furuhon-ya:20191108081746j:image

表現が古いですが(笑)、盤面が擦り切れるほど聴きまくったアルバムですね。

 

ともかく、和製プログレとしてはやっぱり大本命ですね^_^

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

独特な歌詞の世界観が印象的で、頭から離れないんですよねー(笑)。日本のピンク・フロイドっていいますが、それだけに収まらない高い音楽性を持ってますよね(^-^)

 

f:id:furuhon-ya:20191108081814j:image

ブッダ・ミート・ロック

今回は、水谷さんが参加したピープルのセレモニー!ブッダ・ミート・ロック!!

f:id:furuhon-ya:20191106082018j:image

 

www.youtube.com

 

お経のコーラスをバックに水谷さんのギターのカッコよさときたら!!

 

www.youtube.com

 

ロックとお経のコンビですが、抹香臭さは全くなくて、なんていうんだろう、凄くシュールでアヴァンギャルドに聴こえるんですよね。そこが不思議です。日本のフランク・ザッパ、ここにあり!って感じですね^_^

日本のフランク・ザッパ!

今日はこちらを聴いてみました!

f:id:furuhon-ya:20191104204555j:image

 

「Love Live Life  + One」柳田ヒロさんのソロアルバムなどに参加した“日本のフランク・ザッパ”こと水谷公生さんの唯一のソロアルバムです(71年)。

 

水谷さんのサイケでノイジーなギターが聴けるこの2曲は必聴でしょう!

www.youtube.com

 

 オルガンとヘヴィなギター!まさにプログレって感じ!!

www.youtube.com

 

ロックとジャズの垣根を超えた、当時の日本のジャズロックの水準がいかに凄かったのがよく分かる一枚かと思いますね。

 

f:id:furuhon-ya:20191104204605j:image

日本のブライアン・オーガー!

柳田ヒロさんが日本のキース・エマーソンなら、ミッキー吉野さんは日本のブライアン・オーガーかな、と(^^)

 

ちょっと前に、ミッキー吉野さんのオールタイム・ベストが出るというニュースがありましたので、この幻のソロアルバムを聴いてみました!

f:id:furuhon-ya:20191101082308j:image

ME AND’70s(紙ジャケット仕様)

 

私が持ってるのは、「1970」という廉価版の一枚。二枚組で出たやつの一枚だけのバージョンです。1970年に録音されてお蔵入りしていた音源で、全曲インストです。寺川正興さんはじめ佐藤允彦さん、水谷公生さんなどジャズ系のミュージシャン達が参加してることからも分かりますが、秀逸なジャズロックになってます!

 

変幻自在なハモンドオルガンが全編に渡って鳴り響き、オルガン好きには堪らないですね。

 

動画探してもほとんど見つからなかったのが残念です。1970年にジャズとロックの垣根をこえたクロスオーヴァーな音楽をやっていたことに驚きますね!

 

www.youtube.com

f:id:furuhon-ya:20191101221054j:image

プログレッシブなミッキー吉野!

ゴールデン・カップスの最後のスタジオアルバムは完全にニューロックなアルバムです!

f:id:furuhon-ya:20191029080951j:image

このアルバムはミッキー吉野さんがほとんどの曲のアレンジをしてて、彼の作曲によるプログレッシブなキーボードが聴けます!この2曲は必聴でしょう!!

 

www.youtube.com

 

柳ジョージさんのヴォーカルがシブい!!

www.youtube.com

 

ゴダイゴみたいな曲もありますね。エレピがカッコいい!

www.youtube.com